京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年08月27日

京唐紙の向こうはティーシャツ@京都屋

京唐紙の向こうはティーシャツ@京都屋
京唐紙は、日本の大切な意匠で、
よくぞここまで、洗練されて・・・。
お茶室やお座敷を京都で作る時に
色と柄を指定して作ります。

このふじむらさきのふすまは市松になっています。
これは、ふすまの裏で、座敷の中の表は
薄い黄緑で、ツボツボの柄を少し崩したものです。

4畳半で和室を作る時、北山杉の
天然シボの床柱を選んだら・・・
そのタルキも使いたくなって、東側にカケコミ天井風のができました。
そうしたら、風情がお茶室風になって・・・
それで、茶壷の柄を崩した柄を・・・
よ~く見ないとわかりません。秘すれば花・・・でしょうか?

奥の白木の棚に、メイドイン京都のTシャツが並びます。
ええですねぇ。。



同じカテゴリー(京都)の記事画像
宇治は、藤
今週のメニュー@光泉洞寿み
今週の日替わりメニュー@光泉洞寿み
ひな祭り茶会
来週の日替わりメニュー@光泉洞寿み
お茶会風景
同じカテゴリー(京都)の記事
 宇治で玉露席 (2019-07-07 14:53)
 宇治は、藤 (2017-04-27 22:54)
 今週のメニュー@光泉洞寿み (2016-04-26 11:26)
 今週の日替わりメニュー@光泉洞寿み (2015-11-22 07:15)
 長谷川家住宅 (2015-11-15 20:15)
 ひな祭り茶会 (2015-03-06 11:34)

Posted by 諏訪 幸子  at 11:21 │Comments(0)京都

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。