京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2013年04月07日

火鉢

イサムのイベントの暖房です。
民族楽器のライブの前の写真です。

堺町画廊で、秋野イサム展の最後の夜。
私は、イサムさんのお墓参りの気分で参加した。

堺町画廊はお蔵の中で、吹き抜けで気持ちがいいと
イサムが好んだところです。
ビルは息が詰まると言っていました。

加藤登紀子さんのトーク
みどりの党のどなたかと和子の鼎談?

8時過ぎまで、学生時代や農業の活動の話が続き、
イサムがいなくなった事が一段と感じられました。
一昔前の同志社の話題が出たり・・・
鶴見俊介さんのゼミの話が出たり・・・・
ネパールも、プンクも、カトマンズーもずいぶん
遠い頃のことだったんだ。

8時過ぎからアフリカの指ではじく楽器の
ライブが始まり、
祈るように、その音に乗って、
ちょっとイサムが戻ってきて、投げ銭して終わりました。
さようならイサムさん。




Posted by 諏訪 幸子  at 20:30 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。