京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2012年10月28日

今週の日替わり@光泉洞

今週の日替わり@光泉洞
月)10月29日
  サバの味噌煮
火)10月30日
 鶏のから揚げ南蛮ソース
水)10月31日
  カニ玉
木)11月1日
  ポークソテーのおろしポン酢
金)11月2日
  サバの塩焼きと肉じゃが
土)11月3日
  肉ダンゴの甘酢あんかけ
・・・・・・・・・・・・・・・
月)11月5日
  青じそチーズ入ロール豚かつ
今週のメニューで、私がお客様なら・・・

水曜日のカニ玉
または、
金曜日のサバの塩焼きと肉じゃがに参ります。

焼きたてのお魚は美味しいし、
肉じゃがも いいじゃがいもが、
錦の河一さんから届いて煮るので・・・
それは、フレッシュで美味しい。
煮物がフレッシュというのは
おかしな表現ですが・・・・

やっぱり、セントラルキッチンや
レトルトのものとは
決定的に味がちがうのは
こんな料理やと思います。

カニ玉がおすすめなのは、
中華のカニ玉ではないから・・・・
火の強さも違うし
ラードなどは使わないし・・・
中には丁寧に切った野菜がたくさん。

この違いも・・・・どういえばいいのか・・・
食べてみてください!

今日、日曜日の朝ご飯、
テレビでみたカボチャのスープのこげパン
というカップいりのスープとパンを食べました。
7分目までお湯をいれて 1分かき混ぜて
しばらくしたら・・・食べる。
といったものです。
カップラーメンのちょっと小さいものです。

味は、やはり不味くないのです。
抵抗なく食べられます。
簡単なレストランで、これが
お皿にいれて出てきたら・・・・
普通に300円とか払うのでしょう。
もしかしたら600円かもしれません。

研究所を持っている
大手企業があの手この手で開発してはるのです。

スープを食べながら、
私はせんたく糊を食べて
舌を切られた雀を思い出しながら・・・
こんな事を考えました。

糊をつくるのと、スープを作るのと
工場では似たような作業じゃないかしら。
本体よりも、
においをつけたり、抜いたりするのは
とても、難しいだろう。
フレッシュでないものを
フレッシュやとおもわせるのは
研究所でも簡単な作業では、ないに違いない。
マスター、ドクターを持った人が
必死で
考えてはるんやろうと思います。

人間の手で気をつけて作れば
新鮮な野菜は新鮮な味の料理になります。
当たり前のことです。
ただし、日持ちがしません。
特に光泉洞のは味が薄いので日替わり勝負。

きつい勝負ですが、
負けないようにがんばります。
工場やセントラルキッチンより
安全で、美味しいお料理を作って待ってます。
だから・・・・
来てください。


同じカテゴリー(お昼どころ「光泉洞寿み」)の記事画像
今日のお茶
光泉洞 のこと
今週の日替わりメニュー@光泉洞寿み
今週のメニュー@光泉洞寿み
今週のメニュー@光泉洞寿み
今週のメニュー@光泉洞寿み
同じカテゴリー(お昼どころ「光泉洞寿み」)の記事
 今日のお茶 (2016-10-19 15:09)
 光泉洞 のこと (2016-07-25 09:07)
 今週の日替わりメニュー@光泉洞寿み (2016-05-19 21:17)
 今週のメニュー@光泉洞寿み (2016-05-05 11:10)
 今週のメニュー@光泉洞寿み (2016-04-26 11:26)
 今週のメニュー@光泉洞寿み (2016-04-16 10:49)

Posted by 諏訪 幸子  at 17:52 │Comments(0)お昼どころ「光泉洞寿み」

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。