京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年05月23日

中国茶のテーブルセット


宇治の自宅と伏見のリビングエフエムカルチャー倶楽部で、
中国茶を教えています。
教えているというより、自宅の方はサロン。
リビングでは大まかな分類や茶葉と淹れ方などを
お教えしているでしょうか?

この茶器とお菓子のセットは
先日の自宅サロンでのものです。
  » 続きを読む
タグ :中国茶


Posted by 諏訪 幸子  at 23:12Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2008年04月08日

中国茶の教室を終えて


今日は、宇治の中国茶サロン。
椿の花を大きく生けて、生徒さんをお出迎えです。
お茶葉は、「文山包種」台北の茶荘のもので、上質で
それは、いい香りでした。
きのこの茶菓子とブルーベリー糖などをそろえて
サンザシ餅も用意しました。

きれいに仕上がったテーブルの写真は撮り忘れて・・
サロンを終えて、一人で宇治茶を淹れて飲んでいる
時の写真です。
茶器が九谷で、茶葉は煎茶です。
  


Posted by 諏訪 幸子  at 18:11Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2008年01月20日

中国茶サロンの新年会


これは、箸やすめのゆずのゼリー。
1月18日、宇治の中国茶サロンで万福寺の境内「銀杏庵」で新年会。
お着物が3人。。。眼福のおんな正月でした。
黄檗山はご存知のように
中国そのままの寺作りです。
江戸時代の本家(中国)から学びなおした
煎茶道の総本山でもあります。
中国の文人茶をそのルーツともしていて・・・
私の主宰する「中国茶サロン」のコンセプトそのまま。

普茶料理の里でもあり
中国料理を精進で再現したお料理が根付いています。
たぶん、今一番美味しい普茶風野菜料理のお店です。  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 13:00Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2008年01月08日

中国茶サロンの事


今日は宇治で中国茶サロンでした。
終わってから、一人でお茶しているときのテーブルです。
霧のせいで、3人は遅れて京都駅からタクシーで到着。
今年初めてのクラスでした。
新年会は、黄檗山万福寺境内の銀杏庵へゆくことにきまりました。
今日のお茶は

  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 15:55Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2007年12月11日

中国茶サロンで、高山烏龍茶とイギリス紅茶


クリスマスブレンドを淹れたへレンドのカップを
霊茸と紅葉の塗り膳で。

今年最後の宇治でのサロン。
テーマをクリスマスにして、フォートナム・メイソンの
クリスマスブレンドと
柑橘類の皮にクローブを刺して
作った自家製のクリスマスティーの2種をサーブしました。

スタートには工芸緑茶をいれて、
その後、Mさんのお手前で
高山烏龍茶を聞香盃も使ってのレッスン。

後半を紅茶と
手作りのキューカンバーサンドとサーモンサンド+卵サンド
クリスマスケーキとしてフルーツケーキ。
丹波栗のブラウニーまでついて・・・ ま・ん・ぞ・く。
  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 23:08Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2007年11月13日

帯の柄2つ@中国茶サロン


今日は宇治で中国茶のサロンを開いておりました。
青茶の実習を中心に。
生徒さんのお着物がそれは素敵です。
帯を写真に撮らせていただきました。
秋の落ち葉の色でまとめてられます。






染で、京紅型@栗山とのことで、
「極楽鳥」の柄です。

こちらは、綴れの帯、
「風景画」が織られています。
  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 14:18Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2007年11月12日

明日は中国茶サロンです。

明日は宇治で中国茶のサロンの日です。
中国茶といっても、日本茶も紅茶もメニューにはそろえます。
カメリア・シネンシスとカメリア・アッサメイアのお茶の葉の
飲料を全て楽しみます。
お道具も中国茶のお道具を中心に
紅茶のテーブルセットも日本茶の宝瓶も使います。

秋は、いちだんとお茶が美味しくなって・・・
新しく作った塩味のお干菓子を生徒さんに
試してもらう予定です。
さて、評判は・・・  


Posted by 諏訪 幸子  at 23:10Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2007年11月03日

金曜日の中国茶クラス@京都伏見

昨日は、伏見のリビングで
中国茶を教えておりました。
「家庭で楽しむ中国茶」

青茶2種、緑茶2種

それに、マーラーカオの手作りお菓子。

1.中国茶の種類
2.工夫茶の淹れ方
3.今日の茶葉 お菓子
   雲南緑宝沱茶
   黄金桂
    鉄観音
    江南緑茶
4.道具の説明
5.実習
  


Posted by 諏訪 幸子  at 10:53Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年09月11日

中国茶サロンは、冷茶とロンジン茶



茶菓は、沖縄「ちんすこう」 サンザシ餅、金柑の甘露、ドライフルーツ。



茶花は、「のしめ蘭」を沖縄は金城さんの煎茶道具に生けて。

本日の講座は  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 17:41Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2007年09月04日

普賢茶@江西省、中国茶来来



今日、中国で仕事をする友人から
上質のお茶を2種いただきました。
みごとな「みる芽」がたくさん入った白茶と思えるお品です。
名がわからず、緑茶のカテゴリーかもしれません。

江西の地の産です。
しっかりとした手摘みの品で、お味も爽やかで深く・・・
嬉しい!
蘇州からの上質のロンジン茶、
そして、この白茶、
北京経由の鉄観音茶と
秋の中国茶サロンで
遊ぶ、お茶がそろいました。
毎月第二火曜日10時半から12時、宇治でのサロンです。  


Posted by 諏訪 幸子  at 17:05Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2007年07月10日

月桃(げっとう)の中国茶サロン



今日は宇治で中国茶サロンです。
玄関には沖縄で切ってきた月桃(げっとう)を生けました。
お薬になったり、紙になったり
月桃の花は白くて月夜の桃みたいにきれいです。
写真は、青い実が一杯ぶらさがっています。
熟すると、実はオレンジがかった肌色になって中からブルーの
種がざくろのように顔を出します。
花も実も楽しめる南国の木ですね。
葉はバナナの葉みたいです。

今日の中国茶サロンは日本茶を2種と
中国茶を2種楽しみました。
レジメは  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 14:17Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年06月26日

中国茶サロンで蘭貴人と青山緑水


写真 左が青山緑水 右が碧螺春 細かい細かい茶葉・・
今日の
クラスのテキストは・
春季 平成19年6月26日クラス

お茶は、鉄観音を意識して
○青茶 烏龍茶 北京の福建省(あんけいてん)より烏龍茶(2007新茶)
      鉄観音茶 ヒネチャとの飲み比べ
○緑茶 雲南 青山緑水 苦丁茶の新芽
○紅茶はカクテルティー
茶菓
○生どらやき(森半製)
○北京酥糖
○桜桃
○板餅

控えのお茶
・蘭貴人中国雲南省。鉄分が多く含まれており、貧血症の人に良いお茶と言われています。蘭貴人は、ウーロン茶の中でも最高級品のひとつに数えられています。微かに蘭の香りが感じられ、飲んだ後に残る甘い余韻はシャンパンを飲んだ後のようで、香りと味が互いを引き立たせる絶妙なハーモニーが楽しめます。
工夫茶の淹れ方資料をお持ちでない方お申し出下さい。
おみやげ
・紅茶カクテルティー

日時 第2火曜  10時半から12時
場所 JR小倉駅そば
水屋料  1回 1000円 ゲスト2000円 
これは、茶葉とお菓子の御代です。
予定
7月10日 9月11日



  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 14:25Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年06月13日

台湾ロンジンのお手前



台湾は青茶の地ですが、台湾のロンジンが手にはいったので、
95度くらいのお湯でいれています。
夏着物が涼やかな生徒さんが淹れてはります。
押し付ける形の茶葉ではなく、大きめの青柳のような茶葉です。
包種茶にちかいですね。
小さな、茶壷(急須)にそっといれました。  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 13:03Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年06月12日

北京から新茶の烏龍茶



今日は宇治で、中国茶サロンの月釜。(第2火曜)
お休みの方があり、4人で・・・
春を終えてお茶が充実しています。

これは、北京(本来緑茶の地)の
2007年の新茶ウーロン。
手摘みのホールリーフが
開いて、水水しい新茶です。

茶壷(チャフー)は五蝠(こうもりの柄)
どうみても4匹です。
ただ、「幸福」にかけて五蝠らしいのです。
音遊び。  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 19:00Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年05月08日

中国茶サロンのレジュメです。


4~5種 青茶 緑茶 黒茶 紅茶 をそろえ、お花を生けて(マリリンモンローと紫蘭)生徒さんを待ちます。
レジメは、  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 19:23Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年05月01日

おもちゃの中国茶セット



右がぐいのみ茶碗ベトナム製
指が持ってるのが茶缶烏龍茶
茶盤にのってるのが、茶壷(ちゃふー)=急須
茶杯=茶碗  右が茶海(ちゃかい)=ピッチャー

使い方はお教室で。。伏見のリビングエフエムカルチャー倶楽部で教えてます。。  


Posted by 諏訪 幸子  at 10:48Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年04月20日

中国茶講座@伏見リビングエフエム倶楽部


今日は、10時から12時まで、京都リビングエフエムカルチャー倶楽部の「ほんとうに美味しいお茶の淹れ方講座」第4回で、「中国茶の基礎」を教えておりました。
次回は最終で、5月17日 吉田銘茶園の茶摘です。
(希望される方はお申し出ください 貴重な体験できます・・・。)

まず、写真は「水仙」という香港で知った番茶のようなウーロン茶をいれています。
アシスタントのクマちゃんが、今日は「ポルトガルタイプのエッグタルト」をお茶菓子に焼いてきてくれたので、お茶道具の説明が終わったところで、デモで私がいれています。
もちろん 生徒さんたちにまず、エッグタルトに合わせて飲んでいただくため・・
エッグタルトはパイと茶碗蒸しのプリンが合体したお味でした⇒  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 17:34Comments(0)中国茶サロンと中国茶

2007年04月10日

中国茶サロンとお茶と点心の日



今日は第2火曜日で、宇治で中国茶サロンの月釜です。
皆さん、お着物が素晴らしくて、簡易な茶会が結構、優雅・・・。
ご興味おありの方がいらしたら、どうぞメールで問い合わせてください。

○東方美人(七色の茶葉です) 台湾
○高山烏龍 台湾
○昆明の茶屋から雲南 緑宝沱茶 かためてある緑茶受賞茶
珍しい品の「緑茶」です ↓



茶菓子は:
○パイナップルコロン(沖縄)
○なつめ
○雪塩 ちんすこう(沖縄の豚油製古典焼き菓子)
点心
○ちりめんじゃこと竹の子の散らし寿司
○お吸い物
○香の物
おまけは、フォートナムメイソンの紅茶とクラブハリエの「バームクーヘン」 ほほほ・・。

その後、京都の中京へ移動して、ブログオフ会。
ベトナムコーヒーと点心はコチラ⇒  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 23:17Comments(8)中国茶サロンと中国茶

2007年03月22日

中国茶のお店がない・・・

今朝、さっそく高台にある八仙亭へ、台湾の中国茶を買いに・・
でも、電話がつながりません。
なんと、なくなっていました。
八仙亭はこんな店でした台湾のお茶のとても新しいものが手に入って
私にとってはお茶の話のわかる店長さんがいて、とても頼りにしていたのです。
頭の中をいままで、この店で、出会った青チャの数々とそのカオリがめぐります。
・・・残念やなぁ。。。  


Posted by 諏訪 幸子  at 21:27Comments(2)中国茶サロンと中国茶

2007年03月13日

白いスニーカーと蘇州のお茶

春になって寒い日が結構続いています。
でも、春の靴をだしました。
京都駅の階段を走るのには、スニーカーが大事な相棒です。



これですが、息子に「13日の金曜日」という名をつけられた靴です。
柔らかく、最高の履き心地です。


さて、今日は「中国茶サロン」でした。⇒サロンの様子
皆さんがそれは、素敵な着物でご参加でしたのに、写真を取り忘れて・・・。
まぁ、いつも肝心なところは忘れてます。。。。。

使ったお茶は緑茶は海貝吐珠や、鉄観音や、キーマンです。



サロンが終わってから、テーブルのお花と蘇州の春雷茶荘の袋と海貝吐珠をコロコロところがして撮ってみました。サロンの残り香だけでもお届けできるかな?  


Posted by 諏訪 幸子  at 21:25Comments(2)中国茶サロンと中国茶