京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2009年02月22日

馬頭琴@琵琶湖


モンゴルの馬頭琴を初めて聞きました。
奏者は大阪市立大学博士課程を今春を終えられる
ホトランガさんというモンゴルの音楽家です。

「スーホの白い馬」で始まり、モンゴルの「黒い馬」という
曲で終わりましたが、荒城の月、なだそうそう、等
日本の緩やかなメロディのいくつかも演奏してくださいました。

歌は草原を超えるように朗々と。

場所は琵琶湖そば、


空と草原の変わりに、空と淡江がひろがります。
モンゴルの衣装は「空」の色や
雲の模様が多いと言ってそのような民族衣装で。

馬頭琴は名前のとおり、馬の頭の堀物がしてあります。
昔のものは皮を三味線のように張ってあったそうですが、
今は板。
弦も弓も馬の毛が使ってあります。
一説にはバイオリンの原型とも言われている
楽器です。
チェロのようにして弾かれますが、
指が上から抑えるのと、下から抑えるのと・・・
故郷の風のおとや、空の動きを思い出しながらの
演奏は、聞くものに沁みました。

これからも、茨木に住まれて、演奏活動を続けられるそうです。
また、馬頭琴を聞く機会もあるのかも・・・
生まれて初めて、モンゴルの音楽との出会いを楽しみました。


同じカテゴリー(諏訪幸子の気まぐれ日和)の記事画像
母の日
私の休日
おためし
なんだかなぁ。。。
光泉洞 のこと
ブラックスキャンダル
同じカテゴリー(諏訪幸子の気まぐれ日和)の記事
 母の日 (2018-05-13 21:27)
 私の休日 (2018-04-29 10:44)
 おためし (2018-04-19 21:03)
 雨もよい (2017-10-16 23:26)
 今日、この頃 (2017-10-03 21:39)
 今日のこと (2017-09-04 20:45)

Posted by 諏訪 幸子  at 17:34 │Comments(0)諏訪幸子の気まぐれ日和

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。