京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年09月27日

のぞみの園@東九条

私の大切な先生にあるカトリックのシスターがいらっしゃる。
ND○○院で、国語を教えていただいた
シスターVW。小柄で、ゆっくりと話を聞いてくださる方。
イリイリとイリ上げられるような15歳だった大昔の
私にとって、彼女の存在は大きかった。
「理性への信頼」をいつも受けている気がした。

大昔は夕刻になると少しほっとして・・・朝がつらい。
そんな毎日だったものだから。

本の好きな事を上手に伸ばしていただいた。

その彼女は、私が30になるころは、沖縄の
ライ病院で働いていられて・・
私が40になるころまた、京都へ。
そのまま  東九条の市とカトリック教会が
運営している老人ホームで働いていられる。

今日(9月25日)ホームの事務所などで
使っていただくお茶を差し入れに行ってお会いした。
ともかく、変わる事のない方で、
毎日元気に高野の方の修道院から通勤してられる。
お年が80歳になられたと聞いて・・・・驚いている。
先生はずっと先生で、年齢とは無関係に「先生」な
気がしていて・・・・
しかし、まったく現役で毎日ホームのボランティアを
まとめて、走り回っていられた・・・・。すごい。。
ボランティアの人は多い日は15人くらい
その調整をして、別に普通に変わりなく
仕事を淡々と・・・。
まったくご本人は老化なく、老人ホームの世話を・・・
ホームの老人にはきっと
彼女より年下がいらっしゃるはず・・・
変わらぬ彼女の様子に
マジックをみる思いで1時間ほど雑談をして
次の仕事へ私も彼女も戻った。
「負けられへんなぁ・・シスター渡辺には・・
 負けそうやなぁ・・・・」
長生きは全くしたくない私だけれど、
年齢と関係ない時間が長いのはええかもしれへん。
自然体で、たくさんの人々のお世話を
してられる彼女と会って
キツネにつままれた気のする秋の一日。

同じカテゴリー(諏訪幸子の気まぐれ日和)の記事画像
母の日
私の休日
おためし
なんだかなぁ。。。
光泉洞 のこと
ブラックスキャンダル
同じカテゴリー(諏訪幸子の気まぐれ日和)の記事
 初めてのスマホ (2018-08-01 10:28)
 母の日 (2018-05-13 21:27)
 私の休日 (2018-04-29 10:44)
 おためし (2018-04-19 21:03)
 雨もよい (2017-10-16 23:26)
 今日、この頃 (2017-10-03 21:39)

Posted by 諏訪 幸子  at 12:29 │Comments(2)諏訪幸子の気まぐれ日和

この記事へのコメント
女学院の卒業生です.最後にシスターにお会いしたのは15年ほど前女学院をたずねたときでした。高校3年間、特別宗教時間を持って下さり、毎回三浦綾子の本をいつも朗読してくださいました。シスターと過ごした貴重な時間は私の人生の中で最も恵みに満たされた時間だった思います.シスターのご奉仕の精神愛の深さには只感謝です。洗礼を受けたときシスターが代母になって下さり、本当にお世話になりました。シスターがまだ現役でお仕事をされている様子、とても嬉しく思います。 今私はマウイに住んでいます.ここに日本語のプロテスタントの教会があります.現役で活動されている方はほとんど80歳以上の方達です.彼女たちの娘のような年の私ですが、教えていただく事が多く.又そのエネルギーに圧倒されています。 もしシスターにお会いされる機械がございましたら、よろしくお伝えください。
Posted by ロプレスト 美末 at 2008年10月29日 19:02
はい、シスターが施設で使われる「お茶」は、年に2回プレゼントさせていただいておりまして、毎年お会いします。シスター・ジュディス鎌田にも時々お会いします。京都近くで過ごしており恵まれた事です。
洗礼の代母をなさったのなら、きっとよく覚えておられるでしょう。
必ず、お伝えしますね!嬉しいコメントいただき、本当にありがとうございました。私は13期卒です。嫁ちゃんも・・・女学院卒です。。。
また、ブログお遊びにいらしてください。  三浦綾子・・読まされましたねぇ。
Posted by 諏訪 幸子諏訪 幸子 at 2008年10月31日 10:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。