京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年06月03日

西の魔女がしんだ・・本


梨木香歩の作品。
新潮文庫。

手元に本がなくて、河合塾の向かいのコンビニで
買った。
児童文学の匂いがして買った。
「ピンポーン」
中学になって不登校になった少女と
祖母の物語。

魔女の能力の伝承。
まぁ、「私」はいま読まんとあかんかった
本な気がしました。

こちらの世界とそのむこうの世界の
接点をいったりきたりできる能力が人間には
あります。
宗教や芸術がその分野をつかさどりますが
医療や料理もその分野をつかさどります。
そのあたりに生息する人間の物語です。

西の魔女が死んだら東の魔女の出番かとも
思います。  はい。。。


タグ :梨木香歩

同じカテゴリー()の記事画像
ティファニーで朝食を@村上春樹
スタップ細胞事件
ドナルド・キーン氏のこと
夏の本
今日の本
やがて哀しき外国語
同じカテゴリー()の記事
 ティファニーで朝食を@村上春樹 (2015-09-30 20:40)
 スタップ細胞事件 (2015-02-15 21:16)
 佐藤優の紳士協定 (2014-12-15 22:15)
 ドナルド・キーン氏のこと (2014-07-26 09:34)
 夏の本 (2014-06-25 16:44)
 今日の本 (2014-06-04 21:13)

Posted by 諏訪 幸子  at 09:48 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。