京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2013年10月21日

ボーフラ

雲林院寳山の湯瓶です。茶会の準備で匂いぬきしています♪
来週の水曜日、ちょっと大きなパーティーを白沙村壮で開きます。
そのイベント?でお煎茶を淹れます。
お道具は、橋本関雪氏手書きも出していただけるのですが、
自分のものも持ち込みます。

涼炉やぼーふらという素焼きの湯ビンも
関雪氏が道八で焼いたと思われる品が
用意されていましたが、古いものですが
コレクターのもとにあったのか、使ってありません。

炉は炭をいれますので、一度使うと汚れます。
ですから、今回は使うのをご遠慮して
自分の持っている寶山を持ち込みます。

自分の持っているものも、少し古いもので
未使用です。
こちらは、粟田の寶山のもので、
風格のある山水が刻んであります。


湯ビンは竹がすっきりと刻んであり
当日の白磁に
竹が描かれた関雪の作と同じテーマです。
偶然です。
これしか、持っていないので選びようもなく
今週は1週間かかって匂い抜きをしています。
素焼きで、中も昔ながらのそのままですので、
土の匂いがなかなか抜けません。
しゅっと水を吸って、加熱すると湯気を吹きます。

ぼーふらという名は、面白いのですが、
かぼちゃに似た形の湯ビンですから
江戸期にポルトガル語からきたそうです。
あぼぼら  といったらしいですが、
中式の茶壺(急須)にはよくかぼちゃ型があります。
あちらが、紫砂で焼いて赤茶に仕上がるのに
比べると日本の清水あたりは白泥で、
肌色にしあがります。
きれいです。

同じカテゴリー(お茶のサロン)の記事画像
とらやのフランス
プロバンスのお茶
今日のお菓子♪
ひな祭り茶会
煎茶道のこと
紅茶教室@伏見
同じカテゴリー(お茶のサロン)の記事
 とらやのフランス (2015-10-27 07:24)
 プロバンスのお茶 (2015-10-14 09:39)
 今日のお菓子♪ (2015-07-14 22:18)
 ひな祭り茶会 (2015-03-06 11:34)
 煎茶道のこと (2015-02-23 23:05)
 紅茶教室@伏見 (2014-12-11 09:54)

Posted by 諏訪 幸子  at 18:05 │Comments(0)お茶のサロンお茶会とお料理

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。