京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年01月31日

松本酒造のお酒の仕込み


今日は、英語サークルのメンバーで、松本酒造さんの
酒蔵と、お庭、万暁院の拝見、松本酒造の酒造りの歴史を学びに
行ってきました。
伏見で、ただひとつ残る木造の酒蔵で、
ふつふつと沸いている麹の様子を見せていただき、
数奇屋建築と寺院建築の溶け合った
お座敷で、お抹茶をいただき、松本社長のお話を伺い・・・

茶室風の屋根と軒に寺院風の屋根が重なっているのが
見ていただけますでしょうか?
建仁寺にあった小田有楽斎の建物が移築して
門などに使ってあり
なんとも独特の桃山文化の香りを残しています。
お庭の枯山水も・・・冬の風情でひときわよかったです。


タグ :お庭伏見

同じカテゴリー(英語サークル)の記事画像
昨日のお菓子
笠嶋先生笠取宇治で
伏見英語サークル
宇治英語サークル
万葉集を英語で
星の王子様
同じカテゴリー(英語サークル)の記事
 英語サークル四条予定 (2017-09-13 21:59)
 昨日のお菓子 (2014-10-31 10:33)
 狸汁 (2014-01-09 21:37)
 笠嶋先生笠取宇治で (2013-09-26 09:46)
 伏見英語サークル (2013-07-12 18:46)
 宇治英語サークル (2013-02-08 10:25)

Posted by 諏訪 幸子  at 23:25 │Comments(2)英語サークル

この記事へのコメント
薮内です。
今日はとても貴重で楽しい体験をさせて頂きました。
ありがとうございました!さっそく酒粕汁を作りました。
社長さんのおっしゃるとおり鮭を入れずに。
香りもよく大変美味しく頂きました♪
Posted by Toshiko at 2008年02月01日 00:26
Toshiko 様、
コメントありがとうございます。
わたしんちは、まだ冷蔵庫に・・・
でも、絞りきっていない粕は
本当に冬にはおいしい食材です。
お精進で作ってみるのが一番ですね。
Posted by kosendo at 2008年02月02日 09:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。