京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年01月20日

中国茶サロンの新年会


これは、箸やすめのゆずのゼリー。
1月18日、宇治の中国茶サロンで万福寺の境内「銀杏庵」で新年会。
お着物が3人。。。眼福のおんな正月でした。
黄檗山はご存知のように
中国そのままの寺作りです。
江戸時代の本家(中国)から学びなおした
煎茶道の総本山でもあります。
中国の文人茶をそのルーツともしていて・・・
私の主宰する「中国茶サロン」のコンセプトそのまま。

普茶料理の里でもあり
中国料理を精進で再現したお料理が根付いています。
たぶん、今一番美味しい普茶風野菜料理のお店です。

食べるのに夢中でお写真は一部です!
それでも、この様子。。加茂川の海苔を生まれて初めて食べました。
加茂川の水で顔を洗ってそだちましたのに・・・











同じカテゴリー(中国茶サロンと中国茶)の記事画像
とらやのフランス
自宅の茶席
お茶サロン初煎会
今日のお昼
昨日のお菓子
台湾のお茶のこと
同じカテゴリー(中国茶サロンと中国茶)の記事
 とらやのフランス (2015-10-27 07:24)
 自宅の茶席 (2015-04-10 23:08)
 煮るお茶 (2015-03-30 23:11)
 お茶サロン初煎会 (2015-01-14 10:40)
 今日のお昼 (2014-12-09 16:30)
 昨日のお菓子 (2014-10-31 10:33)

Posted by 諏訪 幸子  at 13:00 │Comments(2)中国茶サロンと中国茶

この記事へのコメント
普茶料理は頂いたことがないのですが、美味しそうですね。

黄檗山は、娘時分裏千家の青年部で座禅の合宿がありましたが、もちろん、そんなご馳走は・・・

確かに、賀茂川に海苔ってあるんですか、ビックリしましたよ。
もっとも、私は白川の水で顔を洗った口ですが。

二月に又、岸さんの会でお邪魔させていただきます。
Posted by tao at 2008年01月20日 15:15
はい、あの境内の入ってすぐの右のほうに
いっぱんのお住まいがあってそこで
いただけます。
たくさんある普茶料理の店とは
手のかけ方が違って、その技に頭が下がります。
ご一緒できるといいのですが・・・
Posted by kosendo at 2008年01月20日 18:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。