京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年12月22日

南座の今年の顔見世

京都南座の年末の風物詩「顔見世」
まねきが揚がると年の瀬です。
若い頃たいくつだった歌舞伎や文楽、
40代後半くらいから楽しめるように・・・

今年は仁左衛門の河内山が観たくて
夜の部へ。
松江の殿様をだます詐欺師の数奇屋坊主を
あの仁左衛門が。
きれいな坊主で下品さがちょっとたりませんでしたが
姿のいい役者はほんと見てて楽しい。

錦之助の襲名披露もあって
五郎十郎の五郎を演じてはりました。
まぁ、元気なことでした。
十郎が菊五郎さんで、藤純子さんのご主人ですね?
きれいな役者さんです。

でも、一番よかったのが
思いがけず、幸四郎でした。
刀に惚れる演技が狂気が少しでていて・・・
さすが、ドンキホーテの役者さん。

あと、扇千景のご主人の
藤十郎の娘道成寺が・・・
77歳の娘役。
ああ、なんてデカダンスなんやろう。
素晴らしい衣装を何度も何度も着替えて・・
全て「娘」姿 大きな鬘で顔を小さく見せて
白塗りにおちょぼ口。

退屈したら居眠りをして
お弁当を食べて4時から10時すぎまで
続きました。




Posted by 諏訪 幸子  at 10:08 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。