京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年08月26日

茎ほうじ茶または棒茶



光泉洞の入り口で売っている100グラム420円の茎焙じ茶は、
9割茎で1割葉をオーダーしてブレンドしたものです。
香りがよく、上品で日常に使うと手放せないお茶です。
宇治の玉露の茶園を通してブレンドしてもらいます。

金沢で棒茶(棒棒茶)と呼んで4倍くらいの値段で売っています。
つるきりをして選んだ茎を焙じて作ります。
水出しのお茶を作ってもおいしくて、
パックにいれて大匙2杯で1リットル作れます。
一晩ねかせてみてください。
甘く香りの良い水焙じ茶のできあがり。
カフェインがなくて、赤ちゃんにもOKです。


同じカテゴリー(宇治茶つれづれ)の記事画像
器局のお点前
今日のお茶
宇治田原
朝日焼き月釜
宇治の新茶
自宅の茶席
同じカテゴリー(宇治茶つれづれ)の記事
 月釜朝日焼き宇治9月10日 (2017-09-09 19:14)
 器局のお点前 (2017-04-26 13:16)
 今日のお茶 (2016-08-29 14:42)
 宇治田原 (2015-08-26 15:58)
 朝日焼き月釜 (2015-06-19 20:45)
 宇治の新茶 (2015-05-05 22:43)

Posted by 諏訪 幸子  at 22:19 │Comments(0)宇治茶つれづれ

この記事へのトラックバック
ようやく朝晩は涼しくなってきましたねぇ。 あれだけ寝苦しかった夜も、最近はよく眠れるようになってきました。 こうなってくると私は自分でもゲンキンなものだと思うのですが、お...
食欲の秋【お茶の時間】at 2007年09月10日 17:32

生活の中で手に入る身体に良い水条件はおよそ4つ。①海と同じミネラルバランスであること②クラスター(水の分子)が小さいこと③酸化還元力が高い事④有害物質を含まないことどうや...
良い水【水の飲み方】at 2007年10月06日 20:32

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。