京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2010年11月12日

偏頭痛の事

ミグリフェンというお薬が手放せなかったのは
20代から50代前くらいまで。

偏頭痛持ちでした。
目が見えなくなることから始まる
古典的片頭痛です。
血管性の頭痛。

目の一部が眩しくてみえなくなったり、
ギザギザしたものが動いてみえたり
または、モザイクがかかったようになります。

1時間たって、目がもとにもどると同時に
激しい吐き気と頭痛がはじまります。

前駆症状のうちにミグリフェンを10錠と睡眠薬を飲みます。
暗くした部屋で、
痛みに堪えるのが3時間。
もどせるのは楽なうちです。

血管の収縮とその後の膨張炎症が
引き起こす症状です。
死にませんがつらいものです。

人生の大部分をその頭痛と過ごしました。
ここ数年、解放されて
ほっとしています。
3年前に起こした時も痛みは軽く、
日常生活に少ししか影響はありませんでした。

久しぶりに今週、起こしました。
やはり軽くて、炎症の残る
不快感はありますが、まぁ耐えられます。
1週間は本調子ではありません。
仕事ははかどりませんが、時間をかければ大丈夫。

いい薬が開発かれているからと
つれあいが、持って帰ってきましたが、
若い頃の地獄に比べてそれほどの痛みではなく、
薬も嬉しくありません。

まぁ、人生だましだまし・・・です。
さて、誰が誰をだましているのでしょう?
偏頭痛の事はとてもよく調べましたので、
中途半端なお医者さんより知ってます。
・・・・苦しいですよね。。。
ちょっと遺伝します。。。。

タグ :独り言頭痛

同じカテゴリー(諏訪幸子の気まぐれ日和)の記事画像
母の日
私の休日
おためし
なんだかなぁ。。。
光泉洞 のこと
ブラックスキャンダル
同じカテゴリー(諏訪幸子の気まぐれ日和)の記事
 初めてのスマホ (2018-08-01 10:28)
 母の日 (2018-05-13 21:27)
 私の休日 (2018-04-29 10:44)
 おためし (2018-04-19 21:03)
 雨もよい (2017-10-16 23:26)
 今日、この頃 (2017-10-03 21:39)

Posted by 諏訪 幸子  at 20:51 │Comments(2)諏訪幸子の気まぐれ日和

この記事へのコメント
諏訪さん、どうぞお大事に。

吐くほどの頭痛と何年も共存してらして、
また最近ひょっこりでてきはったんですね。
全く不意打ちですね。

吐くほどの頭痛、私はこれまで
3回ほど経験しました。

20代の、人生で一番勉強していた時に一度、

同じく20代の、写真の現像に夢中に
なっていて一度、

つい最近、花展のお手伝いで必死に
枝を削っていて一度。

どれも、息をするのも忘れるほど
集中していたと思います。

食いしん坊の私が食欲もなくなり、
這うようにして布団にもぐって
一晩寝たら治りました。

寝て治したり、どうにもならず
病院に行ったり。

体と心。
なんやかんや言っても
ご機嫌よく、動いてくれています。
有難いです。

諏訪さんが美味しいお茶を
楽しめるまでに快復しますよう。
Posted by はち at 2010年11月15日 10:53
はち様、コメント有り難うございます。
みなさん、大なり小なり頭の痛い事も
おもちでしょう。

回復して、今日も紅茶を美味しく飲みました。
今朝は、ケニアのCTCでした。
有り難うございました。
Posted by 諏訪 幸子 at 2010年11月15日 13:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。