京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2010年08月20日

平壌で朝食を


テレビでおなじみ?のジャーナリスト
勝谷誠彦さんの小説。短編集。
7つほどの作品が収録されていて・・
ネオ・ナチではなく・・
ネオ、リアリズム・・・・に近い感じの
作品が並ぶ。

文章がとてつもなく読みやすいのが、
漫画の読後感と似ている。
きらいではない読み味。

官能小説も1篇はいっているという
事で、

「耽美」の事かと思う。
村山由佳さんの作品のような甘さが面白い。
男の作家がこんなの書くのか。。。。

個人的には、一つ目、二つ目の
私小説ベースがよかった。
見事な文章のプロの余技のような
ものなのかなぁ。。。
もう少し・・・哲学が欲しいかなぁ。。

タグ :

同じカテゴリー()の記事画像
ティファニーで朝食を@村上春樹
スタップ細胞事件
ドナルド・キーン氏のこと
夏の本
今日の本
やがて哀しき外国語
同じカテゴリー()の記事
 ティファニーで朝食を@村上春樹 (2015-09-30 20:40)
 スタップ細胞事件 (2015-02-15 21:16)
 佐藤優の紳士協定 (2014-12-15 22:15)
 ドナルド・キーン氏のこと (2014-07-26 09:34)
 夏の本 (2014-06-25 16:44)
 今日の本 (2014-06-04 21:13)

Posted by 諏訪 幸子  at 23:51 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。