京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年05月30日

お抹茶の新茶を作ってみました。


初めての冒険ですが、新茶の抹茶を作ってみました!

お茶はご存知のように壷にてん茶の状態で詰められ秋に
熟成したものを石臼で挽いて抹茶にします。

吉田銘茶園は、「覆い下専門茶園」で、玉露と抹茶の元のてん茶を作ります。
新茶の季節も遅く、今全ての品種がやっと新茶でできあがりました。
太陽を遮蔽した中で作られる抹茶の材料。

それを、初めて抹茶にしてみました。試みの品ですがおわけできます。
ブレンドされて最高級のお茶になる吉田銘茶自園のストレートです。
30グラムで袋2000円 缶2300円 送料込みです。
住所のメールをくださったら郵便振込み表を同封して送ります。

私の好みの「おくみどり」という品種は煎茶でさえ 晩生で5月末に新茶です。
葉が細かくて茶摘さん泣かせらしいのですが、「香り」が秀逸。
もちろん覆い下茶園の「おくみどり」もてん茶になって抹茶になります。
品種茶が好きでです。
コーヒーはイノダの濃いブレンドがすきですが、
家の飲むお茶は品種ストレートの雑味がないのが好きですね。
玉露が味が丸すぎて、重すぎて、
玉露園の吉田さんの園の煎茶づくりの「おくみどり」が好き!
どこまで、マイナーが好きなんやと自分で自分につっこんでます。

煎茶は覆い下でなく、露地、太陽の下で育ちます。
ミソは、土が玉露園のものやということです。
覆い下で木がちょっと弱るとその年は煎茶にして覆いを
せずに育てはるんです。
その箱入り娘が、吉田さんとこの「煎茶」です。
趣味が嵩じてのお茶販売です

同じカテゴリー(宇治茶つれづれ)の記事画像
器局のお点前
今日のお茶
宇治田原
朝日焼き月釜
宇治の新茶
自宅の茶席
同じカテゴリー(宇治茶つれづれ)の記事
 月釜朝日焼き宇治9月10日 (2017-09-09 19:14)
 器局のお点前 (2017-04-26 13:16)
 今日のお茶 (2016-08-29 14:42)
 宇治田原 (2015-08-26 15:58)
 朝日焼き月釜 (2015-06-19 20:45)
 宇治の新茶 (2015-05-05 22:43)

Posted by 諏訪 幸子  at 11:54 │Comments(0)宇治茶つれづれ

この記事へのトラックバック
『京銘茶 茶游堂 林屋久太郎商店』は宇治茶の製造・販売一筋30余年

伝統の宇治製法で作られた煎茶や玉露などの緑茶と、抹茶を贅沢に使用した風情豊かな抹茶チョコレートブラウニー
...
京都 茶游堂の抹茶チョコレートブラウニー  【京都お取り寄せライフ@京都の甘味をあなたに】【京都お取り寄せライフ@京都の甘味をあなたに 】at 2007年06月15日 01:17

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。