京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2010年05月26日

富春館


5月の半ばに九州へ一泊旅行をして、
大分県の戸次というところに行きました。

その中戸次に大きな庄屋屋敷が残っていて、
酒蔵だった建物も、母屋も
ともに、公開してられます。

そちらで、美風流という奈良の
煎茶のお家元がお点前をしてくださいました。






江戸、明治の文人の絵や書があり、
湯川秀樹博士の額もかけてありました。
古い贅沢な建物で、お煎茶をいただき・・・
お菓子も、水芭蕉の風雅なもので・・・
ゆるゆると、初夏の風がふきぬけた一時です。

タグ :茶会九州

同じカテゴリー(お茶室)の記事画像
初摘み茶会のこと
お茶会風景
蕪村
昨日のお菓子
卓上点前
朝茶事が昼へ
同じカテゴリー(お茶室)の記事
 美の壺 (2015-05-21 10:49)
 初摘み茶会のこと (2015-01-06 20:29)
 お茶会風景 (2014-10-20 10:44)
 蕪村 (2014-09-28 14:28)
 昨日のお菓子 (2014-05-07 14:35)
 卓上点前 (2014-04-18 20:51)

Posted by 諏訪 幸子  at 15:46 │Comments(0)お茶室

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。