京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年05月28日

どくだみの花@宇治の町屋



お花は地味なものがお部屋に生けると素敵だと思う事があります。
これは、どくだみの花。
煎じると薬になるんですよね。お茶になって・・
今、光泉洞には大文字草・・・雪ノ下の花を生けてあります。
宇治の庭にも一杯さいています。


この花は近鉄大久保駅近くの「えん」とう江戸時代の町屋で
お昼と喫茶とギャラリーをしてられる店でのひとこまです。
隣の郵便局奥にPも2台分あります。
素晴らしい江戸時代の建築物です。旅籠だったようです。
宇治方面にお出ましの時は是非お立ち寄りください。
古い奈良街道と宇治橋通りの交差する角です。

わたしとしては、是非残ってほしい建物です。
平等院通りにはもう残っていない立派な風情を
お楽しみください。
吉田銘茶の抹茶アイスがあります。

同じカテゴリー(京都)の記事画像
宇治は、藤
今週のメニュー@光泉洞寿み
今週の日替わりメニュー@光泉洞寿み
ひな祭り茶会
来週の日替わりメニュー@光泉洞寿み
お茶会風景
同じカテゴリー(京都)の記事
 宇治は、藤 (2017-04-27 22:54)
 今週のメニュー@光泉洞寿み (2016-04-26 11:26)
 今週の日替わりメニュー@光泉洞寿み (2015-11-22 07:15)
 長谷川家住宅 (2015-11-15 20:15)
 ひな祭り茶会 (2015-03-06 11:34)
 来週の日替わりメニュー@光泉洞寿み (2014-11-13 17:49)

Posted by 諏訪 幸子  at 11:23 │Comments(0)京都

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。