京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2010年12月26日

風炉、涼炉、唐炉


写真は、中国茶で使う炉の一つです。
上から薬缶をぶらさげる型もありますが、
これは、置く型。

暖炉型の風炉(抹茶道)とも脊の高い涼炉リョーロ(煎茶道)
ともちがいます。
素焼で、中に私は、アルコールランプを使いますが
炭をいれたら、火鉢のような形です。

七宝の型が抜いてあって
安定して使い勝手がいい茶道具です。
これに火を入れて
毎月の宇茶楽サロンを開きます。
下のタイルは、皮のデザインの
バレンチノのタイルです。
前の台所はイタリアからこのタイルを入れて
壁面(料理作業場の)を張りました。
1枚だけ残っています。
今の台所はやはりイタリアの無名のタイルです。
タイルが好きです。  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 10:29Comments(0)お茶のサロン