京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2010年12月01日

栄西お茶


次回の宇治で月1回開いているお茶のサロンのために
九州で求めた栄西茶です。(林屋辰三郎さんはヨウサイとルビをふってました)
・・・ただ、彼から直接歴史を習ったであろう私の父は「漢字はどう発音してもよい」と
折につけ言っておりましたから・・エイサイでもヨウサイでも。。

釜炒り茶です。
中国の緑茶(リューチャorリョクチャ)はほとんどこの釜炒りです。
ウーロンの青茶(チンチャorアオチャ)はまた違います。殺青方法ですが。

佐賀で求めました。一袋1000円くらいです。
100グラム1000円のお茶がおいしい店はOKです。
中国でもまぁ50グラム1000円くらいでしょうか。
知らないお茶を買う基準。

知ってるお茶は、
うちの普段使いの煎茶は1200円から1500円くらいです。
そのぐらいのお茶を飲んでも罰はあたらないかと・・・
100%宇治茶に近いものです。
(宇治茶の定義は結構複雑で、一昔前はブレンドの技術でしたから
宇治産の茶葉を使わずにもできました。しかし、今は、3割は使わないと
宇治茶とは言えないはずです。そして、宇治のエリアの定義が今は
宇治市産ならよかったのでしょうか?じゃあ、木津は?朝宮は?)

このお茶は
  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 11:27Comments(0)お茶のサロン