京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2010年08月13日

アーノルド・ロベルの事

秋は、伏見の英語サークルでの絵本を
ロベルの「ルシールは馬」
原題 Lucille   (Arnold Lobel)
をテキストに選ぼうかと思っています。

彼は、センダックとともに
アメリカの絵本黄金期を築いた
作家です。

まとまりがよいアンソロジー(短編集で、
その最初の作品から最後の作品までに
ひとつのテーマがある場合、文学ではそう呼びます)
をたくさん描いた人で、絵もさることながら
文章がとても良い作家さんです。  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 10:36Comments(2)英語サークル