京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2010年07月31日

7月最後の日

明日は8月。
今日も親戚のものと、お盆と法事の打ち合わせ。
若狭の江戸時代からの菩提寺から
おっさん(お尚様)が来てくれはります。

お盆よりちょっと遅れて。
京都に住んでいても
お寺は移さずに・・・
海と山の間の若狭の松源寺にしとくというのは
亡父の意思でもあります。
多分、父の父の考え方でもあります。
そんな「墓参り」なんぞ ショッチュウこなくて
いい。
たまに、行くのにはええ場所やと。
それで、若狭。

息子も小さい頃、日本海は若狭に
祖父母と行っており、

ひょんな事で、赴任先を
泉佐野か、若狭か・・・というときに、
若狭を選んで、3年働いていました。
なんとなく、知ってる町が良かったのかもしれません。
御先祖さんへのお返しと思うのは8月やからです。。。

あ・・・私の父の事ですから、苗字はちごうてます。
ナガ族に関係のある苗字です。
  
タグ :若狭


Posted by 諏訪 幸子  at 10:28Comments(2)諏訪幸子の気まぐれ日和

2010年07月23日

今週の日替わり@光泉洞寿み


野菜のかき揚げには、天つゆがつきます。

月)7月26日
  サワラの塩焼きと小鉢
火)7月27日
  鰹のたたきと野菜のかき揚げ
水)7月28日 
  ポークソテーのおろしポン酢
木)7月29日
  鶏のつくね和風ハンバーグ
金)7月30日
  鰆の味噌漬けと小鉢
土)7月31日 
  アジの塩焼きと小鉢
・・・・・・・・・・
月)8月2日
  チキンカツの卵とじ  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 23:12Comments(0)お昼どころ「光泉洞寿み」

2010年07月22日

橋本妙料理教室@白沙村荘


鱧とオクラの煮こごり

昨日の銀閣寺の料理教室の先付けです。
毎月第3水曜日、日本料理のおさらいで、
白沙村荘の橋本さんの料理教室にまいります。

贅沢な場所で、板長さんのお料理を
頂きながら、館長の妙さんから、
料理のコツを教えていただきます。

この煮こごりは、鱧の骨で出汁をとり、
その出汁で鱧を煮てさましてあります。
骨からのゼラチンで冷やすと少しかたまります。
今回のお料理は
  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 22:34Comments(0)食べ物飲み物

2010年07月20日

本を読む

リーディング用のメガネをかけるようになって
読書量が減ったとは思う。
しかし、物ごころついたころから、
本は、食べモノに近いもので、
食せずには暮らせない。

漫画から辞典まで、
文学はもとより、活字が好きなのではないかと思う。
・・・・パソコンも活字勝負なので、たたく。

日本語も英語も読む。
30代におおきな疑問だった「経済のこと」が、
40代になってそれなりに解ってきた。
(ただし、解るのと応用できるのは別)  » 続きを読む
タグ :独り言


Posted by 諏訪 幸子  at 22:34Comments(0)

2010年07月19日


夏やので・・・でもないのですが、
神戸のトアロード  「デルレ」へ行ってきました。
ピザを食べに。
太陽ともひまわりともいえる店名。
ピッツァリアが、さくら組出身だと聞いて・・・

太陽のように丸くて熱くて
ひまわりのように幸せなピザでした。

神戸ステーキの
「青山」のマダムは同級生・・。
ちょっと寄って、オードブルとコーヒーとビール。。。
小さな夏休みでした。  
タグ :神戸


Posted by 諏訪 幸子  at 23:39Comments(0)食べ物飲み物

2010年07月18日

祇園祭完売感謝!

17日の鉾の巡行では、
御池のそばの「光泉洞寿み」では、
一年で、一番 おひとさんが来てくれはる日です。
前日までに、結構ご予約がはいって・・・(嬉!)
当日は、予約さんと
飛び込みさんで、1時、店が麻痺。
お米が足りなくなって 右往左往しました。

お客様がしんぼう強く待っていただけて・・・
申し訳ないのと、ありがたいのとです。

八坂の神様と皆様に心からの
お礼をもうしあげます。
有り難うございました。  » 続きを読む
タグ :光泉洞寿み


Posted by 諏訪 幸子  at 10:33Comments(0)お昼どころ「光泉洞寿み」

2010年07月17日

ごほうび

良く働きました!
  


Posted by 諏訪 幸子  at 17:50Comments(0)

2010年07月16日

祇園祭の日のお昼ご飯


うちのは、
鉾の通る御池通りのそばです。
一本北の姉小路。
しかも堺町通り。
明日17日の祇園祭の巡行はすぐそばです。

10時頃に四条通りを出発した鉾は
河原町を通って、御池通りを室町(新町通り)に
もどります。
先頭の長刀鉾が戻ってゆくのが、11時頃で、
知ってる人は、
御池から新町へ入る「辻まわし」を見ます。
広い道から広い道ではなく
広い道からせまい道ですので、切り返す数が多くて
面白い!  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 10:50Comments(0)お昼どころ「光泉洞寿み」

2010年07月15日

梅雨の晴れ間?

祇園祭の頃はいつもお天気で気がもめます。
梅雨が晴れそうで・・・といったことが
多いです。
お飾りはビニールで覆われていますし、
本来水に流す鉾。
船みたいにも見えます。

蒸し暑いですね。
今日は午後に京都へ。
今年はバーゲンに何度が行けました。
きっとバーゲンの時期が長くなってるのかと。

バーゲンと祇園祭。
浴衣の方も町を歩いてられて、京都の夏!です。  
タグ :京都


Posted by 諏訪 幸子  at 11:05Comments(0)京都

2010年07月12日

らくたび祇園祭


写真は、四条京町屋の座敷から庭。
12日月曜日、らくたび さんの鉾めぐりの講座に
参加してきました。

早合点して、座学かと思って、白いパンタロンで。
雨が降らずによかったです。
月鉾や菊水鉾がもう仕上がっていて、
室町、新町と7つほどの鉾や山を訪ねてあるきました。
四条京町屋では、ひさしぶりに小泉さんの
楽しいお話に笑いながら・・・
相変わらず知らなかったことをたくさん仕入れて。

祇園囃子がながれる四条烏丸。
まだ柵ができていずに、近くで鉾が眺められました。
月鉾が一番べっぴんさんでした。
大きさ、重さも一番とのことです。

17日の巡航を前に雨もよいの京都です。  
タグ :祇園祭京都


Posted by 諏訪 幸子  at 10:58Comments(0)京都

2010年07月09日

アデル映画感想


観ました。
フランス語でした。久しぶりに聞いたフランス語です。
1割くらいは聞き取れました。
英語なら8割くらい聞きとれます。
日本語なら、9割9分。

100年くらい前のパリ?馬車と自動車が混在する時代です。
ポスターのとおり、名画のような色合いで、
衣装が凝っていました。
NHKの大河時代劇みたいにちょっと本格的な衣装です。

流れはエンタティメントですが、活劇ですが・・・ゴシック!  » 続きを読む
タグ :映画


Posted by 諏訪 幸子  at 23:02Comments(0)諏訪幸子の気まぐれ日和

2010年07月08日

お稽古


〇〇の手習いです。
先月から、宇治の福寿園の茶室で
お煎茶を習い始めました。
ここしばらく、基礎からお茶のおさらいがしたくて
どこかいい教室は?と探していました。

足場がいいのと、お部屋がいいのと、
お稽古に使われるお茶が上質なのと・・・
お菓子が選んであるのと・・・

何より先生のお人柄が
いいのと・・・・  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 23:20Comments(2)

2010年07月04日

7月

気がついたら、7月です。
先日のお茶会では、7月7日はおそうめんを食べる習慣があると
伺いました。
節気が24あって、半年は鏡のように
対称形で、秋はお米の収穫、
春は麦の収穫、
1月7日は、七草粥(米)
7月7日は、そうめん(麦)
と、お話がありました。

へぇ・・・・。  » 続きを読む
タグ :独り言


Posted by 諏訪 幸子  at 23:44Comments(0)諏訪幸子の気まぐれ日和

2010年07月01日

あじさい貝


ふじつぼの一種だそうです。

今日、光泉洞にお立ちよりくださったお客様に
見せていただきました。
姫扇貝に寄生するふじつぼの種類で、
あじさいの花に似た形と色です。

先週に、和歌山の白浜で「フジツボ」の
イベントがあって、その折に手にいれられたそうです。

華やかな造り物めいた姿の貝です。
宿主の色そのままのふじつぼ。
いろんな生物が海にはいるようです。  
タグ :


Posted by 諏訪 幸子  at 22:43Comments(0)諏訪幸子の気まぐれ日和