京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2009年02月14日

高場英二さん


お正月前に大阪へ高場さんを訪ねた時の写真。。。
陶器が好きで、
光泉洞の庭にも陶人形を作って置いています。
九州の熊本で古仏頂焼きを焼いてられる
高場さんの作品です。
彼との出会いは、5月に三条寺町の「とーべぇ」という
画廊に行った時です。
染色家の今泉郁子さんが、毎年5月に
とーべぇで個展をされるのですが・・・
ええかげんな性格の私が、一日前に行ったら・・
高場さんの最終日だったというわけです。

火の味がしそうな活きた陶器を焼かれます。
繊細な清水もいいのですが、
沖縄や九州の土が吠えるような作品が好きです。

高場さんのあだ名は「きんたろうさん」
ひょんなことで、松本酒造さんで教えていただきました。
ずっとずっとずっと・・・京都で個展を続けてられます。
今は、「マロニエ」
とーべぇは、もうありません。郁子さんも個展を
終えられました。
時間はいつも変化を強います。  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 21:45Comments(0)お昼どころ「光泉洞寿み」