京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年06月03日

西の魔女がしんだ・・本


梨木香歩の作品。
新潮文庫。

手元に本がなくて、河合塾の向かいのコンビニで
買った。
児童文学の匂いがして買った。
「ピンポーン」
中学になって不登校になった少女と
祖母の物語。

魔女の能力の伝承。
まぁ、「私」はいま読まんとあかんかった
本な気がしました。

こちらの世界とそのむこうの世界の
接点をいったりきたりできる能力が人間には
あります。
宗教や芸術がその分野をつかさどりますが
医療や料理もその分野をつかさどります。
そのあたりに生息する人間の物語です。

西の魔女が死んだら東の魔女の出番かとも
思います。  はい。。。  
タグ :梨木香歩


Posted by 諏訪 幸子  at 09:48Comments(0)