京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年03月27日

沖縄の民家


沖縄で、18世紀ころの建物が残っているのが奇跡。
首里の士族の家屋の柱を使って建てられたもので、材質は
農家では許可がされてないものが多く使用してある。
明治中期ごろ本瓦を使用。

士族のみにゆるされた建築様式を江戸期までは
日本では、伝統としてもっており、
都市部(京都、江戸)は防火のため瓦の使用が
町民にも許されたと認識している。

板の間が原則で、畳の使用が一般化したのも
そう古い事ではない。

9つの畳の座敷を持っている。
畳の目は京のものより粗いが
私たちが知る琉球畳ではなく、
畳の縁が布でくるまれた畳だった。

  » 続きを読む
タグ :民家沖縄


Posted by 諏訪 幸子  at 18:46Comments(0)諏訪幸子の気まぐれ日和