京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年01月10日

大江健三郎の﨟たけしアナベル・リィ 総毛立ちつ身まかりつ



今年最初の読書はこれ・・・
私小説の極みやとおもいながら
大江を読めるようになったのは
30代も後半でしたね。

あのユーモアにひかれて
18位の時から読んでいます。
学生時代、原書でイエーツなどを
たたきこまれていた時、
大江は午前にはイエーツやブレーク
を英語で読み、午後には小説を書いていたらしいです。
こちらも似た文学環境で大江を読んでいたらしいですね。
仏文のくせに・・・


  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 22:05Comments(0)諏訪幸子の気まぐれ日和