京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年11月30日

彫金のペンダント椿と雪花


日本の伝統的技法の彫金の品です。
銀。
意匠も椿と縁は雪花(雪の結晶)
しっとりとしたデザインです。
しぶい・・・。

あまりナチュラルな格好をしなくなって
この手のアクセサリーをする事が
減りました。
でも、好きで つい買ってしまいます。

銀の粒を溶かして、
延べ棒を作って・・
焼きいれては伸ばす・・そんな
作業をしていた時期があります。
1つ指輪を作るのに20時間はかかります。
和の技術です。彫金。
若い時期に2年ほどです。
まだ、銀の手ざわりをしっかり覚えていますが、
もう、台の前に座って作業することはないでしょうね。  


Posted by 諏訪 幸子  at 23:20Comments(0)諏訪幸子の気まぐれ日和