京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年03月02日

始めまして!

この度、こちらのゲストサイトに引っ越してまいりました。
光泉洞⇒光泉洞寿み案内サイトの諏訪と申します。京都中京の明治の京町屋「光仙洞」に一目ぼれをいたしまして、そのままその家のお世話をいたしております。
もとの名前は今でも水車板の看板に残っており、光さんの仙洞御所といった意味でしょうか。
私が泉の字に変えました。
家が私に何かを残してくれるようにと語りかけてくるように思っています。
去年「京町家の保存の可能性」を英語論文にまとめて母校でマスター論文といたしました。是非、ホームページの中でこの英文も発信したいです。

宇治茶や、坪庭や、保存したいものが、生活の中にあって悪戦苦闘の毎日です。
本当に大切なものは形があって形がありません。
自分のアイデンティティーと深くからみあっているようです。
あっちでウロウロ こっちでバタバタ、その様子をこちらで発信しつつ皆様に励ましていただきたいと・・・・・。
どうぞ、宜しくお願いいたします。本当の光泉洞ともども、こちらへもお遊びにいらしてください。
  


Posted by 諏訪 幸子  at 17:54Comments(2)お昼どころ「光泉洞寿み」