京つう

  ゲストブログ  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2010年02月24日

坂本龍馬のTシャツ


メイドイン京都のお品を
おいている京都屋は、光泉洞のとなりです。
光泉洞の明治の建物と
堺町の里見画廊(これも多分明治から大正)
をつなぐ建築物として
かんがえぬいて、京都屋の建物は、吉村建築事務所に作ってもらいました。
吉村先生は、JR二条駅をつくられた先生でもあります。

その京都屋には、メイドイン日本のデザインのTシャツがたくさんあります。
下着だったTシャツを日常着にしたのはアメリカの発明。
作業着だったジーパンを日常着にしたのもアメリカ。
あっという間に日本の私たちの生活にも定着。

龍馬ゆかりのデザインのTシャツですが、
とってつけた感がなく、すっかりこなれています。
京都屋の格子とよ似合います。
京都生まれのTシャツをどうぞよろしく。  


Posted by 諏訪 幸子  at 22:15Comments(0)京都屋

2009年07月16日

伊勢丹10階


祇園祭の今週、
光泉洞となりの和のセレクトショップ「京都屋」が
伊勢丹の催事に出店しています。

光泉洞諏訪プロデュースの
和菓子のアクセサリーもそろっています。
和三盆のパーツで作ったそれこそ 食べられそうな
可愛いアクセサリーです。

京都らしい「ぶらり簪」は、パーツがふたつに分かれて
2ウェイ仕様です。
どうぞ、ご覧になってください。
髪飾りに携帯や鞄に活躍してくれます。  


Posted by 諏訪 幸子  at 23:28Comments(0)京都屋

2009年05月25日

さて、京都へ


今日は、お天気もいまいち。
思い切って車ででましょうか?
月末、月曜、、、混んでるかもしれません。

この絵柄は姉小路堺町の「京都屋」のTシャツの柄。
12か月の花がそろっていて、
これは、1月の誕生花で、福寿草。
はんなり京都柄です。

光泉洞のスタッフはそれぞれの
お花のTシャツを持っています。
私の柄はこれ・・・
ジャケット下にレディースの
伸縮素材です。。 禅の丸窓がテーマだそうです。
わかるかしら。。。
  


Posted by 諏訪 幸子  at 09:38Comments(0)京都屋

2009年03月25日

おのぞみドットコム


おのぞみドットコムさんが、取材に来てくださって、
私がプロデュースして、隣の京都屋でおいている
和のアクセサリー お菓子そっくりさん を紹介してくださいました。

7つ柄行きがあって、オーダーで組み合わせてブローチにしたり
ペンダントを作ったりもできます。
ピアス、イヤリングもOKです。
ひと柄1000円+加工代です。

和三盆のパーツが本当の和菓子の木がたから
のようで、食べられそうなくらいのお品です。
ポリエステルからの素材の利用らしいのですが
何度みてもびっくりするそっくり度です。
取材は  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 10:49Comments(0)京都屋

2009年03月02日

和三盆の帯どめ


和三盆そっくりのお菓子の型パーツで作った
帯どめ。
京都らしい可愛いおもちゃのようなアクセサリーが
欲しくて、頼んで作っていただいています。

本当の宝石もそれは素晴らしいですが、
こんなデザインの楽しいアクセサリーが好きです。
子供の頃におもちゃで喜んだあの日の気持ち
そのままに、指輪やブローチを楽しみます。

帯どめはブローチ兼用。
チェーンをとおせばペンダント。

今日、お立ち寄りのお客様が
京都を仕事で離れるので
友人に・・・とお買い求めいただきました。
空色菊の帯どめでした。
心に残る、プレゼントになってくれたと
確信しております。  


Posted by 諏訪 幸子  at 22:32Comments(0)京都屋

2009年02月23日

桜の指輪と帯どめ


一足早く、桜のアクセサリーです。
柔らかい素材(ポリエステル)でできていて、
すっかり「お菓子そっくり」
手にとっても食べられそうに見える不思議さです。

京和菓子の型をそのままに・・・
春のアクセサリーです。
金属はちょっとアンティークなブラス。
時間を止めてみたような「指輪」
そして、小さなおしゃれ「帯どめ」
帯どめは、ピンを服の裏でとめて、ブローチ、
チェーンに通せば、ネックレス。
活躍の場がいっぱいな「さ・く・ら」
お菓子好きが嵩じて、作ってみました。
光泉洞のお隣の「京都屋」で売っています。
1500円から3000円くらいです。  


Posted by 諏訪 幸子  at 23:00Comments(0)京都屋

2009年02月21日

桜の帯どめなど・・


アクセサリーのお誂え承ります。

桜の帯どめの特注が仕上がってきました。
光泉洞の隣の京都屋で、
オリジナルの「和三盆」のアクセサリーを置き始めてます。
大好きな京都のお干菓子。
それの型を使って、柔らかい手触りの
ポリエステルで仕上げたお菓子そっくりな
指輪や、かんざし、帯どめ、ブローチ。

白い桜、桜色の桜、小桜を組み合わせた
帯どめ(写真はパーツのみ)は
ピンを使ってブローチにも、
チェーンを使ってペンダントにもなる工夫が。
オーダーが入って2つ作りました。
世界に2つだけ。
ひとつ 御池の姉小路堺町の京都屋に置いています。

特注を承ります。
取扱いのパーツは指輪の形で店で、ご覧いただけます。
たとえば、赤い椿と白い椿を並べてネックレス。
しあげの長さも貴女のサイズ。

ご相談くださいませ。  


Posted by 諏訪 幸子  at 11:04Comments(0)京都屋

2008年12月23日

Kawaii!


白椿の和菓子の型でつくった
パーツを使った洋風、和風ともに
使える簪をつくりました。

サイズ 約19センチ
簪のみ 約8センチ
ぶらりパーツ約11センチ
つばきの花のサイズ約2センチ


ぶらりの部分を京都らしく長めにしました。
家のギャラクシーの蘭の花と同じくらいの
大きさです。

ここは、とりはずしができて、
ピンにつけて髪にさしたり、
ストラップにもつけることができます。

椿だけをつけると昔ながらの挿し簪で、
ぶらりも一緒につけるとパーティーでも、和服でもKAWAII!  » 続きを読む


Posted by 諏訪 幸子  at 16:14Comments(0)京都屋